体への負担が少なくても運動効率が良いのが魅力

ご質問はこちらまで

当サイト「スポーツとまちづくり」ではスポーツによって得られる健康効果や地域を活性化させる理由を紹介しています。 当サイトに関するご質問やご不明な点は【こちらまで】お願いいたします。

通勤・通学中にも楽しめる自転車

自転車は誰でも楽しめるスポーツの一つで、ジョギングやテニスといったスポーツに比べ、サドルに体重がかかっている分、ひざや腰への負担が少ないのも魅力。
自転車の購入はハードルになりますが、価格帯は様々なものがあり、自分にあった自転車で始めることができます。

通勤・通学中にも楽しめる自転車

有酸素運動

自転車はウォーキングやジョギングなどと同様に、有酸素運動の一つで、ダイエット効果が期待できます。有酸素運動の難しいところは、一定時間以上継続しないと脂肪が燃焼せず、ダイエット効果が得られないこと。ですが自転車は、体への負担がそれほど多くないことや、景色の変化を楽しみながら行えることから、長時間の継続がしやすく、有酸素運動としての効果が実感しやすいスポーツです。

運動効率の良さ

自転車のもう一つのポイントは、運動効率が良いこと。人間の筋肉は約70%が下半身にあり、中でも最も大きいのは太ももの筋肉です。自転車は、太ももを中心とする全身の70%の筋肉を、大きな負担なく気軽に動かすことができる効率の良いスポーツだといえます。また、下半身の筋肉は上半身に比べて疲労が残りにくいのもポイントです。

通勤・通学をエクササイズに

スポーツを始めたいけれどなかなか始められない人の悩みの一つに、「時間が取れない」というのがあります。自転車は、移動時間を使って、通勤や通学をエクササイズに変えることができます。わざわざ時間を作らなくても、生活の一部としてスポーツが楽しめる。忙しい平日は自転車で通勤・通学をして、時間が取れる休日には家族や友人を誘ってちょっと遠くまでサイクリングしてみるなど、生活スタイルに合わせた楽しみ方ができるのも、自転車の魅力です。

万一のために…。自転車保険

自転車に乗るときに気を付けなければいけないのが、自転車事故。一般の人が通る道を、時速20~30㎞の速度で通行するわけですから、ふとした瞬間に事故を起こしてしまう可能性があります。「自分だけは大丈夫…。」と思うかもしれませんが、自転車事故の賠償額は、場合によっては数千万円ほどに及ぶケースも。近年は自転車保険の加入を義務付けている自治体もあり、自転車保険も様々な種類のものが登場してきています。自分のけがに備える「傷害保険」と、相手のけがを補償する「損害賠償保険」。インターネットやコンビニでも気軽に手続きが可能です。自分にあった保険を選んで万一に備えたうえで、安心して自転車を楽しみたいですね。

記事ピックアップ

スポーツとまちづくり

場所を選ばないジョギング

ジョギングは特に道具や場所を必要としないスポーツなので誰でも気軽に始めることができます。長い距離を走るとなると続けていくのが難しくなりますが、自分のペースでゆっくりと走ったり歩いたりすることを繰り返すだけでも効果はあるので、無理せずマイペースに行いましょう。モチベーションを持続するためにも練習日記はつけておくといいでしょう。文字にすることで達成感を味わったり再認識したりすることができます。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

スポーツによる地域の活性化

スポーツは心身を健康的にするだけでなく、観光客の誘致や雇用の促進など地域の活性化にも大きく影響を与えます。仙台市を拠点とする東北楽天ゴールデンイーグルスでは選手と地域の人々との交流を通じて競技人口の増加や青少年の育成を目指しています。一方琉球ゴールデンキングスは競技人口の増加だけでなく、新たな雇用を生み出し経済にも大きな影響を与えています。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

スポーツ振興計画~東日本編~

スポーツを通じて地域を活性化させている自治体は少なくありませんが、その中から首都圏の世田谷区と地方都市の青森市の取り組みを見てみましょう。世田谷区も青森市もその地に住む人全員が生涯スポーツを楽しむことが出来る社会を目指しています。世田谷区と青森市の物件も一緒に紹介しているので、スポーツを日常生活に取り入れたい人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

Copyright (C) 2017 スポーツとまちづくり All Rights Reserved.