気軽に始められるスポーツ「水泳」

ご質問はこちらまで

当サイト「スポーツとまちづくり」ではスポーツによって得られる健康効果や地域を活性化させる理由を紹介しています。 当サイトに関するご質問やご不明な点は【こちらまで】お願いいたします。

健康効果の高い水泳

体力に不安があるひとにおすすめなのが水泳です。水泳は健康効果が高いだけでなくダイエットやお肌のハリなどにも効果があるので特に女性におすすめです。

健康効果の高い水泳

まずは好きなように泳いでみよう

体力アップやダイエットなど水泳を始める目的は人それぞれ異なりますが水泳競技を始めるわけではないので、学生のようにがむしゃらに距離を泳ぐのではなくまずは自分の好きなように泳いでみましょう。体の力を抜いてゆったりプールに浮かぶもよし、ただプールの中を歩くのもよし、タイムを計りながら泳いでみるのもいいかもしれません。

水泳は運動効果が高い

水の中にいると体に水圧がかかるため、普段重力の関係で下半身に流れがちな血液を全身に広げることができます。またプールの水温は体温よりも低くなっているため心臓も活発に動き、血液や体液の流れもスムーズになります。さらに、泳ぐことによって跳ね上がる水しぶきによってリラックス効果を得ることもできます。
また、水泳はウォーキングなど他のスポーツに比べて運動効果が高いと言われていますがこれは厚生労働省で使われている「メッツ」という単位からも読み解くことができます。メッツは数値が高ければ高いほど消費カロリーが高く運動強度が高いとされていますが、水泳と同じ有酸素運動のウォーキングは3メッツ、卓球やバレーボールで4メッツですが水泳はランニングと同じ8メッツと高い数値なため消費カロリーが高くダイエットにもおすすめのスポーツであることが分かります。

ダイエットにもおすすめ

水泳は全身を使って運動するため、筋力アップだけでなく健康的に体を引き締めることができるのできれいに痩せたい人におすすめです。また、浮力があるため足腰が弱い高齢者や肥満が深刻化し運動に制限があるような人でも気軽に行うことができます。そのため、メタボリックシンドローム病に悩んでいる人や加齢による筋力の低下に悩んでいる人にはおすすめのスポーツです。

泳げない人はスクールに通ってみよう

水泳の健康効果が高いと分かってはいても、水泳が苦手な人や泳げない人にとってはハードルが高いですよね。泳ぐことに対して不安があるようであれば、スイミングスクールや公営プールのワンポイントレッスンに参加してみましょう。インストラクターからしっかりと指導を受けることで泳ぎ方のフォームが矯正されたり水に対しての恐怖心が払拭されたりして、しっかりと泳げるようになります。実際に子どもの頃はカナヅチだったけれども大人になってスクールに通ったら泳げるようになったという人もいます。

記事ピックアップ

スポーツとまちづくり

場所を選ばないジョギング

ジョギングは特に道具や場所を必要としないスポーツなので誰でも気軽に始めることができます。長い距離を走るとなると続けていくのが難しくなりますが、自分のペースでゆっくりと走ったり歩いたりすることを繰り返すだけでも効果はあるので、無理せずマイペースに行いましょう。モチベーションを持続するためにも練習日記はつけておくといいでしょう。文字にすることで達成感を味わったり再認識したりすることができます。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

スポーツによる地域の活性化

スポーツは心身を健康的にするだけでなく、観光客の誘致や雇用の促進など地域の活性化にも大きく影響を与えます。仙台市を拠点とする東北楽天ゴールデンイーグルスでは選手と地域の人々との交流を通じて競技人口の増加や青少年の育成を目指しています。一方琉球ゴールデンキングスは競技人口の増加だけでなく、新たな雇用を生み出し経済にも大きな影響を与えています。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

スポーツ振興計画~東日本編~

スポーツを通じて地域を活性化させている自治体は少なくありませんが、その中から首都圏の世田谷区と地方都市の青森市の取り組みを見てみましょう。世田谷区も青森市もその地に住む人全員が生涯スポーツを楽しむことが出来る社会を目指しています。世田谷区と青森市の物件も一緒に紹介しているので、スポーツを日常生活に取り入れたい人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

Copyright (C) 2017 スポーツとまちづくり All Rights Reserved.