集客効果が期待できるスポーツイベントの誘致

ご質問はこちらまで

当サイト「スポーツとまちづくり」ではスポーツによって得られる健康効果や地域を活性化させる理由を紹介しています。 当サイトに関するご質問やご不明な点は【こちらまで】お願いいたします。

スポーツイベントの誘致

スポーツによって地域を活性化させるためにはまずは人を集客することから始めなくてはいけません。各自治体が実際に行ったイベント誘致をみてみましょう。

スポーツイベントの誘致

大きな経済効果を出した「さいたまスポーツコミッション」

さいたま市は経済や観光、スポーツ団体と連携したコミッションを設立し、このコミッションが主導となって行っているスポーツイベントが「さいたまクリテリウム」です。これはさいたま市の新都心エリアを走るサイクルロードレースですが、ロードレースとして名高い「ツール・ド・フランス」を冠し、実際に出場した選手が市街地を走り抜けることもあって観戦者数は20万人にも上りました。さらに、このイベントの担当者によると飲食費や宿泊費などイベントに関連した経済効果は30億円にも上るそうです。イベント自体の総事業費は約5億3000万円と言われていますが、そのうち市の支出としては約2億円、それ以外は専門の組織が行いましたが事業費を大きく上回る経済効果に注目が集まりました。
大きな経済効果をもたらしたイベントですが、成功を導くきっかけとなったのが情報収集と決断の素早さです。ツール・ド・フランスの開催100回を記念してヨーロッパ以外での大会開催を考えているという情報を素早くキャッチし、市長自身がツール・ド・フランスの主催者と直接会談して決定したという経緯があったからこそ、注目を集めるほどのイベントを開催し大きな効果を得ることが出来たのです。

産業の活性化に注目している「スポーツコミッション関西」

関西の経済同友会が主導となって取り組んでいるのが「スポーツコミッション関西」です。スポーツ用品メーカーも数多く参加し、スポーツを核としながら産業の活性化やニュービジネスの創出を目指していますが、自治体と協力しながら誘致したイベントが東京オリンピックの翌年、2021年に行われる「ワールドマスターズゲームズ」です。試算によると参加人数はオリンピックの2倍以上とも言われており、選手の宿泊や飲食による経済効果は140億円とも言われています。

地域性を活かした取り組みを行う「沖縄県スポーツ振興課」

日本のプロ野球チームのほとんどはオフシーズンになると沖縄でキャンプを行っていますが、これは沖縄が冬も暖かいという地域の特性を活かして誘致を行った結果です。
沖縄は観光シーズンの繁忙期とオフシーズンの閑散期では観光客の数に大きな差があり、その数は月にしておよそ20万人も違います。閑散期である冬に観光客を呼び込むことでこの差を縮小することができ、観光産業の雇用を創出することができるとして誘致を開始しました。しかしはじめのうちは練習場の設備に不安があるとして撤退するチームもいくつかありましたが、メンテナンスの専門職員を養成することでこの問題を解消することができ、実際に使用したチームの選手たちが他のチームにも口コミで広げたところ今では日本国内だけではなく韓国や台湾など10チーム以上がキャンプに訪れています。

記事ピックアップ

スポーツとまちづくり

場所を選ばないジョギング

ジョギングは特に道具や場所を必要としないスポーツなので誰でも気軽に始めることができます。長い距離を走るとなると続けていくのが難しくなりますが、自分のペースでゆっくりと走ったり歩いたりすることを繰り返すだけでも効果はあるので、無理せずマイペースに行いましょう。モチベーションを持続するためにも練習日記はつけておくといいでしょう。文字にすることで達成感を味わったり再認識したりすることができます。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

スポーツによる地域の活性化

スポーツは心身を健康的にするだけでなく、観光客の誘致や雇用の促進など地域の活性化にも大きく影響を与えます。仙台市を拠点とする東北楽天ゴールデンイーグルスでは選手と地域の人々との交流を通じて競技人口の増加や青少年の育成を目指しています。一方琉球ゴールデンキングスは競技人口の増加だけでなく、新たな雇用を生み出し経済にも大きな影響を与えています。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

スポーツ振興計画~東日本編~

スポーツを通じて地域を活性化させている自治体は少なくありませんが、その中から首都圏の世田谷区と地方都市の青森市の取り組みを見てみましょう。世田谷区も青森市もその地に住む人全員が生涯スポーツを楽しむことが出来る社会を目指しています。世田谷区と青森市の物件も一緒に紹介しているので、スポーツを日常生活に取り入れたい人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

Copyright (C) 2017 スポーツとまちづくり All Rights Reserved.