まちづくりにも大きな効果を与えるスポーツ振興とは?

ご質問はこちらまで

当サイト「スポーツとまちづくり」ではスポーツによって得られる健康効果や地域を活性化させる理由を紹介しています。 当サイトに関するご質問やご不明な点は【こちらまで】お願いいたします。

自治体に広がるスポーツ振興方策

スポーツとまちづくり

スポーツを行うことによって得られるのは健康効果だけではありません。一緒に行う仲間と交流をすることによって希薄な人間関係から脱却することが出来たりスポーツイベントを開催することによって観光客を呼び込むことが出来ます。またそれに伴って施設の整備も行われるため、大きな経済効果も見込むことが出来ます。そのため、スポーツによる地域の活性化はさまざまな自治体へと広がっています。ですが、メリットばかりではなくデメリットもあることを忘れてはいけません。

スポーツによる地域の活性化

スポーツとまちづくり

自治体に広がるスポーツ振興方策

スポーツを通じて地域の活性化に成功した都市を見てみましょう。仙台市に拠点を置くプロ野球チームの東北楽天ゴールデンイーグルスは、スポーツ教室の開催や地域の行事に参加することで選手と地域の人々との距離を縮めてスポーツへの関心を促し、競技人口の増加や育成に大きな効果を出しました。また、沖縄を拠点とするプロバスケチームの琉球ゴールデンキングスはスポーツに対する関心だけでなく、宿泊費や飲食費を通じて新たな雇用を生み出し、市場の拡大へとつなげて経済発展を大きく促しました。

詳しく見る

スポーツイベントの誘致

スポーツとまちづくり

自治体に広がるスポーツ振興方策

スポーツイベントによって観光客の誘致に成功した都市を紹介します。さいたま市では素早い情報収集や決断によって「さいたまクリテリウム」というサイクルロードレースを開催しました。このイベントではおよそ30億円という高い経済効果をもたらしました。地域性を活かしてイベントの誘致を行ったのが沖縄です。沖縄は冬の温暖性を活かして、プロ野球チームのキャンプ地として名乗りを上げました。当初は課題もいくつかありましたが、今ではそれも解消され国内外から多くの選手が集まっています。

詳しく見る

スポーツ振興における課題

スポーツとまちづくり

自治体に広がるスポーツ振興方策

スポーツによる地域の活性化は大きな効果をもたらす半面、課題もあります。自治体は環境や社会状況で大きく変化しますが、その変化に対応できない場合はスポーツで地域を活性化することは難しくなってしまいます。施設の老朽化や周辺の観光資源の欠乏、宿泊施設の収容力不足といったことがあげられますが、これはイベントの開催はもちろん、リピーターの獲得にも大きく関わってくるため課題の解決が急務となります。ですが、これらの課題を解消するには自治体だけでは難しいため地域や企業も一体となって行う必要があります。

詳しく見る

記事ピックアップ

スポーツとまちづくり

場所を選ばないジョギング

ジョギングは特に道具や場所を必要としないスポーツなので誰でも気軽に始めることができます。長い距離を走るとなると続けていくのが難しくなりますが、自分のペースでゆっくりと走ったり歩いたりすることを繰り返すだけでも効果はあるので、無理せずマイペースに行いましょう。モチベーションを持続するためにも練習日記はつけておくといいでしょう。文字にすることで達成感を味わったり再認識したりすることができます。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

スポーツによる地域の活性化

スポーツは心身を健康的にするだけでなく、観光客の誘致や雇用の促進など地域の活性化にも大きく影響を与えます。仙台市を拠点とする東北楽天ゴールデンイーグルスでは選手と地域の人々との交流を通じて競技人口の増加や青少年の育成を目指しています。一方琉球ゴールデンキングスは競技人口の増加だけでなく、新たな雇用を生み出し経済にも大きな影響を与えています。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

スポーツ振興計画~東日本編~

スポーツを通じて地域を活性化させている自治体は少なくありませんが、その中から首都圏の世田谷区と地方都市の青森市の取り組みを見てみましょう。世田谷区も青森市もその地に住む人全員が生涯スポーツを楽しむことが出来る社会を目指しています。世田谷区と青森市の物件も一緒に紹介しているので、スポーツを日常生活に取り入れたい人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく見る

スポーツとまちづくり

Copyright (C) 2017 スポーツとまちづくり All Rights Reserved.